プランジャー測定対象エレベーターの技術情報

本資料は、国土交通省告示第二百八十三号「昇降機の定期検査報告における検査及び定期点検における点検の項目、事項、方法及び結果の判定基準並びに検査結果表を定める件」に基づいたもので、平成29年4月よりプランジャーストロークの詳細な検査に使用されるものです。
記載の情報を検査以外の目的に使用しないこと。又、本資料の内容は、当社が設置したエレベーター以外には適用しないこと。
その他、下記の注意点を理解し、同意の上、必要な情報をダウンロードしてください。(本資料に掲載されている写真はあくまでも参考となります。)

■ この昇降機の定期検査は、昇降機の専門知識を持った昇降機等検査員資格者が行って 下さい。 間違った定期検査を行うと、思わぬ事故につながる事があります。
間違って理解されて検査し、その事が原因による事故・故障において、弊社は一切の責任 を負いません。
検査に当たっては、検査対象の機械を理解し、本資料に基づき、測定箇所を十分確認して、 正しく測定して下さい。

■ 定期検査作業の中で要重点点検や要是正と判定された項目においては、速やかに保全工事を実施して下さい。
保全、修理の際の使用部品は、必ず正規の純正品で対応してください。
現場の状況(使用頻度や現場環境)を考慮して、適切な状態を維持して下さい。

■ 作業中は必ず電源を切ってください。やむを得ず電源を入れたまま作業する場合は、通電部・回転部に十分配慮し作業を行ってください。

■ 基準書の記載内容は予告なく変更される場合がありますので、検査実施前に弊社ホー ムページ(http://www.moriya-elevator.co.jp/)を確認することに同意します。

同意する  同意しない


Copyright© 2003 MORIYA Transportation Engineering and Manufacturing Company. All Rights Reserved.